こんな化粧水の活用方法があったのか!?

化粧水のあれこれ

化粧水には色々な成分が含まれています。

特に高価な化粧水になればなる程、色々な成分が含まれ含有量も多くなります。

しかし金額の割りには量が少なく、勿体ない気持ちのためか少量を手に取り使用します。

これでは化粧水の意味がありません。化粧水はたくさん付けて効果が表れるからです。

それに比べ安い化粧水は、成分は必要最小限。含有量も多くなりません。

金額の割りに量もたくさん入っておりコスパがいいです。

そのため、量も多めに使用する事に躊躇しません。

おすすめはヒフミド

おすすめの化粧水に小林製薬のヒフミドがあります。小林製薬は痒い所に手が届くような製品を数多く手がけていて、ヒフミドもスキンケアコスメとして非常に優秀な商品です。

ヒフミドを実際に使っているので感想をご覧になってみてください(⇒http://www.burlingtonbiodiesel.org/)。トライアルセットもあるので気軽にお試しすることもできますよ。

安い化粧水活用方法

安い化粧水だから躊躇せず、どんどん惜しみなく使用します。

顔や手、足、体といった体全体に使用しても気になりません。

そんな化粧水でも成分は必要最小限。そのため成分を肌から残らず吸収させないといけません。

効率よく吸収させる方法として、コットンを使用します。

やり方はとても簡単。お風呂上りの毛孔が開いている状態の時に、コットンに化粧水を染みこませてパックの要領で貼るだけです。

コツとしては、コットンを薄く切り開いてから化粧水を染みこませて使用します。そうする事で剥がれにくく、小鼻にも貼りやすいです。

化粧水は顔以外でも使用できます。

ケチケチした使い方をしても効果が薄れるだけです。

そのため、成分は多少落ちてもたくさん使用する事で効果は高いです。

高級な化粧水もいいですが、安くてコスパの高い化粧すいをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です