脂性肌と思っていたけど実は乾燥裸肌かもしれませんよ。

私は昔からよくニキビが繰り替えしできる体質でそれがずっとコンプレックスでした。

色々なスキンケア用品を買っては試してを何度もしてきましたがどんなスキンケア用品を使っても一向にニキビが良くなった事がありませんでした。

ニキビによく効くと言われていたアクネのメーカーの物から、百貨店に入っている高級ブランドのスキンケア用品まで本当基礎化粧品に使ったお金ははかりしれません。

しかし何を使っても一向に治らないニキビ肌。その原因は極度に肌の油分を取りすぎていたということにある日気付いたのです。

高い化粧水を買ってちまちま使うよりもコスパの良い安い化粧水を買い、たっぷりバシャバシャと気にせず使う方がいいなとある日思い

今まで1本6千円する化粧水から600円の大容量の化粧水に変えてみました。

するとそこからパタリとニキビができなくなっていたのですが。

今まで自分は脂性肌だからニキビができやすいんだと勘違いをし、肌の油分を取るスキンケア用品を購入し油分を除去することばかり考えていました。

しかしそれは間違いだったのです。肌から大事な油分まで必要以上にとってしまったのでまた肌が油分を出すという悪循環でニキビが繰り替えしできてしまっていたのです。

安い化粧品に変えてから大量に化粧水を使用していたことで肌が保湿され肌の水分量が増えてニキビができにくくなっていました。

肌にとって大切なものはなにか。まず知る事から始めなければならないですね。

お世話になってるサイト⇒シミ取りクリームランキング|シミ取りクリームのマイベストは?

手荒れ対策として私がしている手のスキンケア

毎年、冬が近づき、空気が乾燥する季節になると気になってくるのが手荒れです。

そこで今回は、私が行っている手荒れ対策をご紹介します。

まずは手のスキンケアで欠かせないのがハンドクリームです。

一日の中で家事で水仕事をしては、手を拭いての繰り返しでハンドクリームを塗るスキマがない、というのが私を含め多くの主婦の方が実感していることだと思います。

そこで、私が見つけ、以来愛用しているのが「アトリックス ハンドミルク」です。

このハンドミルクは「濡れた手に塗ってそして水で流す」 という使い方をします。

「濡れた手に使う」「水で洗い流す」初めはその使い方に半信半疑でした。

でも、使って納得。

濡れた手に使うから、ハンドミルクが手肌全体に馴染みやすく、水で流しても潤いが手肌に残って保湿してくれます。

また、水で流した後の手はベタベタせずにサラッとした使い心地です。

水で流しても潤い成分が肌に残って保湿してくれます。

このハンドミルクは水仕事をしながら使えるのでとても重宝しています。

ハンドミルク以外の手荒れ対策としては、食洗機を活用します。

また、手洗いする時の食器用洗剤はなるべく低刺激のものを使います。

その時、熱いお湯は皮脂を奪うので、なるべくぬるいお湯(35度位)で洗います。

さらに、就寝前にハンドクリームを多目に塗って、綿の手袋をして寝ると、翌朝、手がしっとりしています。
管理人のお世話になってるサイト⇒sonokoホワイトの口コミと評判に効果が見える

お財布と相談しながらスキンケアしています。

スキンケアって毎日の事だからあんまり手間がかかっても大変ですし、コストも気になります。

シワにシミそれにたるみに美白とそれぞれ化粧品を揃えていたらとてもお金がかかって家計が大変です。

それで背伸びせずに自分に出来るスキンケアを考えて私が行っているのは保湿です。

保湿はお肌にとってとても大切だしきっとシワやくすみの予防にもなると思うのでずっと続けています。

自分のお財布と相談してあまり高価ではない化粧水を購入し、パックに使用しています。

朝晩の洗顔後、コットン複数枚に滴り落ちるぐらいにたっぷりの化粧水を含ませてヒタヒタにして顔に数分パックします。

パック中は上を向いて寝転び重力の力を借りてよりお肌に浸透させるようにしています。

そうするとパックを取った時には心なしかお肌がしっとりもっちりしているような気がします。

朝その後お化粧をする場合は、明らかにのりが良くなって乳液や下地クリームの量が少なくて済みますし時間も短くなってとてもラクです。

時々急いでいて余裕が無くパックをせずに化粧をする時などはその差がはっきりと体感出来ます。

いろいろと特殊な成分が入っている高価な物を使えれば良いけれど、そうはいかない私は安い物を躊躇せずにたっぷり使って保湿に励んでいます。
こちらもどうぞ>>>>>シズカゲルの口コミと評判をチェック