お金と手間はなるだけかけない!コスパ重視のスキンケア

私のスキンケアの考え方ですが、1、お手入れが簡単であること(ズボラさんなのでw)2、安価で高品質が基本です。

顔のスキンケアに関しては、香料不要です。むしろない方が安心感あります。

ボディケアは少し安らげる香りが欲しいな…と思います。

まずオードムーゲふき取り化粧水をコットンい含ませてふき取ります。仕事柄海外での外泊も多いので、水質による肌の調子のゆらぎが軽減したと感じています。

そのあとメルヴィータのウォーターオイルデュオを手のひらに一吹きし、顏に馴染ませます。

これがブースターとなり、米肌の化粧水(https://mai-hada.com/)の浸透がめちゃくちゃ良くなります。

私が一番こだわっているのはそのあとの米肌の美容液です。これを2,3滴手のひらにぽたぽた落とし、まだ化粧水が乾ききっていない肌に馴染ませます。

これで乳液はスキップしますw

そのあとはエリクシールのアイクリームを目元に塗り、仕上げに皮膚科のヒルドイドを塗ります。
これで乾燥知らずのお肌の完成です♪

ボディケアに関してはお肌の調子と気分でチョイスしていますが、最近よく使っているのはNUXEのmulti purpose dry oilです。

とにかく香りが高貴w おフランスを思わせるとっても上品で女性らしい香りです。

このオイルは身体全身に使えるので、そのままヘアケアに使う時もあります。(※つけすぎギトギト注意)

よっぽど乾燥している時は、更にニュートロジーナのボディクリームを重ねていきます。

これは無香料。とにかく乾燥から守ってくれる超機能的な商品だと思います。

以上のスキンケアで私はトラブル全くありません?

洗顔料に配合された美容成分に意味はあるの?

美容に関するいろいろな記事を読んでいると、まったく異なる情報に翻弄されることってありませんか。例えば、洗顔料は皮脂や汚れを落とすシンプルなものが良いと言う意見と、美容成分が入ったものが良いと言う意見です。

汚れを落とすのだから、美容成分など要らないのか。それとも洗顔であっても美容成分が大事なのか。両意見に共通しているのは、洗顔はスキンケアにおいて重要であり、不要な皮脂や汚れを落とすための行為である、という点です。

その点、ととのうみすとは顔の汚れを落とすのに最適です。気になる黒い毛穴もごっそりきれいにしてくれます。私はととのうみすとの口コミサイトを見て使ってみようと思いました。

美容成分不要派の意見

洗顔に必要な要素は、汚れを落として、肌をリセットすることです。肌に余分なものがない、何もつけていない状態なら、次に使うスキンケア用品がしっかり浸透するのです。

ここで気になるのが、洗顔後のツッパリ感ですが、これは肌の皮脂が取り去られた証拠であり、アルカリ性の石鹸で洗った際は、肌が弱酸性に戻ろうとしている証拠です。

肌自身の力で元に戻るので、トラブルではないのです。このツッパリ感を防ぐため、油膜を作りツッパリを防ぐ洗顔料がありますが、これでは洗顔後の化粧水などの浸透を妨げてしまいます。

美容成分必要派の意見

洗顔なので美容成分が流れてしまうと思われがちですが、美容液ほどの浸透力は見込めないものの、確かに浸透はします。洗顔すると角質層から汚れや老廃物が出ていくと同時に、美容成分が浸透します。

角質層は優秀なので、要らないものを排出し、必要な成分を取り込むことができるのです。

ぬれている時こそ美容成分が浸透しやすいという説があるほど、洗顔のタイミングは貴重なのです。洗うことで失われてしまう皮脂膜の代わりに、美容成分がツッパリや乾燥を防いでくれます。

洗顔料に配合されているおすすめ美容成分は、コラーゲンやヒアルロン酸など、洗顔後の潤いキープに必要な成分です。

あなたはどっち派

洗顔料の種類も個人の肌質も多種多様なので、もはやどちらが正しいといえる状況ではありません。洗顔後のツッパリ感が嫌いな方もいれば、潤いでヌルッとした洗い上がりが嫌いな方もいるでしょう。

どちらの説が正しいかを決めるのは、あなた自身のお肌です。使用感や洗い上がり、洗顔後のスキンケアの浸透や肌の調子で判断しましょう。

お金をかけないこだわりのヘアケア

私の髪質は固いくせ毛で量も多いです。その上、夜のシャンプー後は水をたっぷり含み乾かすのがとても大変、しかし日中は乾燥しパサパサになります。

今まで様々なヘアケアを試してきました。CMで有名女優が使っているシャンプー、美容院の少し高価なもの、最近流行りのノンシリコン、初めの2、3日は良いかもと思いますが、どれも使っているうちに何か違うとなってしまいます。

リンスもたっぷりつけてみたり、ラップで髪をくるんでみたりしましたが劇的に効果が出るものには
巡り会えませんでした。

そんな私がいま使っているのは、エッセンシャルシリーズのくせを抑えるシャンプーとリンスです。ドラッグストアでセットで安く買えます。

色々試してなぜエッセンシャルかというと、シャンプーリンスのケアはもちろんなのですが、その後の「乾かし方」が一番重要だと気付いたからです。

そのため、香りがお気に入りなのと、くせ毛予防に効果があるエッセンシャルが自分に一番適していると思いました。

乾かす時はまず、入念にタオルドライをします。そしてポイントが、タオルを頭にかぶせたまま軽く乾かす事です。昔、テレビ番組でちょっとした豆知識なんかで流行っていた方法です。ドライヤーの熱を

髪に直接当てないこと、これだけでお金をかけなくてもパサつき格段に減ります。

しかも普通に乾かすより早くのが嬉しいです。7割ほど乾いたら、タオルを外して冷風を当てながら髪を整えて完成です。

ヘアオイルもエッセンシャルを使っています。エメリルヘアオイル(http://www.wearehebe.com/)も気になっていますが、市販品よりもちょっと高めなのが気になります。乾かす前と、気になるときは乾かした後も付けます。毎日同じだと髪もあきてしまうので、

ときどきクリームタイプも使用しています。出かける前は香り重視で、すきな香りのものを付けると気分も上がると思います。

最近気になっている肌悩みと朝のメイク習慣

最近気気になっている肌悩みについて書きます。今の時期、冬なので乾燥することが多いので保湿には丁寧にしています。

夜のスキンケア

①その日の汚れを落とすためにクレンジング、洗顔を肌に負担をかけないようにやさしくマッサージします。

②洗顔が終わったら、蒸しタオルで10秒ほど乗せて毛穴を開きます。

③化粧水がたっぷり入ったシートマスクで10分ほど乗せておきます。
10分たったらシートマスクを折りたたんでパッティングして残った化粧水を使って手で顔をマッサージします。

④ハトムギ美容液をたっぷりとって顔にまんべんなくつけます。そして3分ほど置きます。
3分たったら手でマッサージするようになじませます。べたべたと残っているのでティッシュオフします。

これを毎日やっていたら顔が乾燥して粉吹いていたので少し改善しました。

角質が気になる

お肌の確執も気になるようになってきました。ネオちゅらびはだというクレンジング(口コミ⇒http://www.ishd2017.org/)を買って使うようになってからはお肌もすべすべになったような気がします。

朝のメイク

朝のメイクは普段乾燥しているのでメイク前はちゃんと保湿しないとだんだん顔が粉吹いてくるのでケアをしています。

①寝ている間に分泌された汗や皮脂、肌についたホコリなどを落とすため朝起きたらまず水で顔を洗います。

②ズボラボの朝用ふき取り化粧水シートで100均秒ほどマッサージするように拭き取ります。

③ハトムギ美容液を適量とり保湿します。
べたべたしていたらティッシュオフします。

④あとは普段通りのメイク

このひと手間があるだけで粉吹きが少なくなりました。
それでもするときはヴァセリンを少量とり手でなじませてから粉吹き部分にトントンとなじませています。

こんな化粧水の活用方法があったのか!?

化粧水のあれこれ

化粧水には色々な成分が含まれています。

特に高価な化粧水になればなる程、色々な成分が含まれ含有量も多くなります。

しかし金額の割りには量が少なく、勿体ない気持ちのためか少量を手に取り使用します。

これでは化粧水の意味がありません。化粧水はたくさん付けて効果が表れるからです。

それに比べ安い化粧水は、成分は必要最小限。含有量も多くなりません。

金額の割りに量もたくさん入っておりコスパがいいです。

そのため、量も多めに使用する事に躊躇しません。

おすすめはヒフミド

おすすめの化粧水に小林製薬のヒフミドがあります。小林製薬は痒い所に手が届くような製品を数多く手がけていて、ヒフミドもスキンケアコスメとして非常に優秀な商品です。

ヒフミドを実際に使っているので感想をご覧になってみてください(⇒http://www.burlingtonbiodiesel.org/)。トライアルセットもあるので気軽にお試しすることもできますよ。

安い化粧水活用方法

安い化粧水だから躊躇せず、どんどん惜しみなく使用します。

顔や手、足、体といった体全体に使用しても気になりません。

そんな化粧水でも成分は必要最小限。そのため成分を肌から残らず吸収させないといけません。

効率よく吸収させる方法として、コットンを使用します。

やり方はとても簡単。お風呂上りの毛孔が開いている状態の時に、コットンに化粧水を染みこませてパックの要領で貼るだけです。

コツとしては、コットンを薄く切り開いてから化粧水を染みこませて使用します。そうする事で剥がれにくく、小鼻にも貼りやすいです。

化粧水は顔以外でも使用できます。

ケチケチした使い方をしても効果が薄れるだけです。

そのため、成分は多少落ちてもたくさん使用する事で効果は高いです。

高級な化粧水もいいですが、安くてコスパの高い化粧すいをオススメします。

脂性肌と思っていたけど実は乾燥裸肌かもしれませんよ。

私は昔からよくニキビが繰り替えしできる体質でそれがずっとコンプレックスでした。

色々なスキンケア用品を買っては試してを何度もしてきましたがどんなスキンケア用品を使っても一向にニキビが良くなった事がありませんでした。

ニキビによく効くと言われていたアクネのメーカーの物から、百貨店に入っている高級ブランドのスキンケア用品まで本当基礎化粧品に使ったお金ははかりしれません。

しかし何を使っても一向に治らないニキビ肌。その原因は極度に肌の油分を取りすぎていたということにある日気付いたのです。

高い化粧水を買ってちまちま使うよりもコスパの良い安い化粧水を買い、たっぷりバシャバシャと気にせず使う方がいいなとある日思い

今まで1本6千円する化粧水から600円の大容量の化粧水に変えてみました。

するとそこからパタリとニキビができなくなっていたのですが。

今まで自分は脂性肌だからニキビができやすいんだと勘違いをし、肌の油分を取るスキンケア用品を購入し油分を除去することばかり考えていました。

しかしそれは間違いだったのです。肌から大事な油分まで必要以上にとってしまったのでまた肌が油分を出すという悪循環でニキビが繰り替えしできてしまっていたのです。

安い化粧品に変えてから大量に化粧水を使用していたことで肌が保湿され肌の水分量が増えてニキビができにくくなっていました。

肌にとって大切なものはなにか。まず知る事から始めなければならないですね。

お世話になってるサイト⇒シミ取りクリームランキング|シミ取りクリームのマイベストは?

手荒れ対策として私がしている手のスキンケア

毎年、冬が近づき、空気が乾燥する季節になると気になってくるのが手荒れです。

そこで今回は、私が行っている手荒れ対策をご紹介します。

まずは手のスキンケアで欠かせないのがハンドクリームです。

一日の中で家事で水仕事をしては、手を拭いての繰り返しでハンドクリームを塗るスキマがない、というのが私を含め多くの主婦の方が実感していることだと思います。

そこで、私が見つけ、以来愛用しているのが「アトリックス ハンドミルク」です。

このハンドミルクは「濡れた手に塗ってそして水で流す」 という使い方をします。

「濡れた手に使う」「水で洗い流す」初めはその使い方に半信半疑でした。

でも、使って納得。

濡れた手に使うから、ハンドミルクが手肌全体に馴染みやすく、水で流しても潤いが手肌に残って保湿してくれます。

また、水で流した後の手はベタベタせずにサラッとした使い心地です。

水で流しても潤い成分が肌に残って保湿してくれます。

このハンドミルクは水仕事をしながら使えるのでとても重宝しています。

ハンドミルク以外の手荒れ対策としては、食洗機を活用します。

また、手洗いする時の食器用洗剤はなるべく低刺激のものを使います。

その時、熱いお湯は皮脂を奪うので、なるべくぬるいお湯(35度位)で洗います。

さらに、就寝前にハンドクリームを多目に塗って、綿の手袋をして寝ると、翌朝、手がしっとりしています。
管理人のお世話になってるサイト⇒sonokoホワイトの口コミと評判に効果が見える

お財布と相談しながらスキンケアしています。

スキンケアって毎日の事だからあんまり手間がかかっても大変ですし、コストも気になります。

シワにシミそれにたるみに美白とそれぞれ化粧品を揃えていたらとてもお金がかかって家計が大変です。

それで背伸びせずに自分に出来るスキンケアを考えて私が行っているのは保湿です。

保湿はお肌にとってとても大切だしきっとシワやくすみの予防にもなると思うのでずっと続けています。

自分のお財布と相談してあまり高価ではない化粧水を購入し、パックに使用しています。

朝晩の洗顔後、コットン複数枚に滴り落ちるぐらいにたっぷりの化粧水を含ませてヒタヒタにして顔に数分パックします。

パック中は上を向いて寝転び重力の力を借りてよりお肌に浸透させるようにしています。

そうするとパックを取った時には心なしかお肌がしっとりもっちりしているような気がします。

朝その後お化粧をする場合は、明らかにのりが良くなって乳液や下地クリームの量が少なくて済みますし時間も短くなってとてもラクです。

時々急いでいて余裕が無くパックをせずに化粧をする時などはその差がはっきりと体感出来ます。

いろいろと特殊な成分が入っている高価な物を使えれば良いけれど、そうはいかない私は安い物を躊躇せずにたっぷり使って保湿に励んでいます。
こちらもどうぞ>>>>>シズカゲルの口コミと評判をチェック

オーガニックの基礎化粧品で素肌力をアップ

基本的にめんどくさがりな性格で、コスメやメイクには疎い方です。

しかし肌がきれいな女性は美しくて、気品があり清潔感もあって良いなと思いなるべくきちんとするようにするようにしています。

一番重要視していることは、毎日必ず化粧を落とすことです。

仕事で疲れそのまま寝てしまいたいと思ったり、もしくは数時間うたた寝してしてしまうこともありますが、それでも必ず洗面台に行きオフしてから寝ています。

たまに口紅だけを塗ってお出かけする日もありますが、そんな時はチャコットのポイントメイク落としで落とすようにしています。

クレンジングにはミルクタイプを使用しています。

オイルは使っていません。

数年前までは簡単によく落ちるからという理由で当たり前のようにオイルを使っていました。

しかし一度美容部員さんに簡単に肌質を見ていただいたところ、肌が非常に薄いのでオイルは絶対に使ってはいけないとご指導いただきました。

それ以来、クレンジングはオイルタイプ以外を色々と試しています。

クレンジグをはじめ基礎化粧品類は主にコスメキッチンで購入しています。

化粧水、乳液はエッフェオーガニックのものを何年もリピートしています。

肌なじみがよく、香りもナチュラルな感じで好きです。

また肌が乾燥したうり、日焼けしたなぁと思う時にはアメリカのWhole Foodsで購入した100%アルガンオイルを数滴のせています。

毎日使うと肌のキメも整い、美白効果もあるように思います。
よく読まれてるサイト⇒シミトリーの口コミと効果はどう?

エイジングケアができるクレンジングや洗顔料の使用

40代になってから30代の頃よりわたしはクレンジングを丁寧に行うようになりました。

クレンジングって洗顔料で洗顔するのと同じかそれ以上に大切で肌に影響があると思うからです。

ベースメイク少なめでポイントメイクしっかりのわたしなので、ポイントメイクはポイントメイク落としで、ベースメイクは肌の脂を落としすぎないクレンジングを使ってます。

30代の頃は皮脂の分泌量が多く、どのクレンジングを選んでもどの洗顔料を選んでも目立つ肌トラブルはありませんでしたが、40代になるとそれまでの物では肌に合わなくなりました。

クレンジングはまだしも、洗顔料が肌に合わないと吹き出物ができやすく、多少出費が増えても年齢に合ったものを選ぶ方が安上がりだと分かります。

エイジングケアができるクレンジングや洗顔料が最近増えてきているのでありがたいですね。

メイク落とししている最中にスキンケアができるクレンジング剤って1度使うとやめられなくなります。

「洗顔後は肌がつっぱりやすくなるのが当たり前」という概念が覆されますよ。

エイジングケアができるクレンジングと洗顔料のおかげで基礎化粧品を化粧水だけに減らしましたが、まったく不自由していません。こちらもおすすめ⇒HADARI(はだり)の口コミを一挙公開!効果はどうなの?